茨城県立笠間陶芸大学校案内

陶芸学科【2年制】

土の特性を自らの感覚で知ることから始まります。手びねりやタタラ、ロクロ、石膏型による成形技術や絵付けによる加飾技術などを幅広く学びます。
加えて、釉薬調合や焼成技術、工芸史や陶芸における造形理論の理解を深め、2年間の集大成としての卒業制作に取り組みます。

  • 定員 10名
  • 入学資格
    高等学校を卒業した者及び卒業見込みの者、又はこれと同等以上の学力があると認められた者
授業の様子

授業の様子(ロクロ)

授業(講義)の様子

ロクロ課題作品

授業の様子

授業の様子(手びねり)

授業(講義)の様子

授業の様子(講義)

授業(釉薬)

授業(釉薬)

精土実習

精土実習

意匠課題(絵付け)

意匠課題(絵付け)

授業合評

授業合評

特別講座

特別講座

校外実習

校外実習

学科・カリキュラム【約200日 1400時間】

陶芸学科 1年

焼成実習

焼成実習

石膏課題

石膏課題

導入課題 土の特性を知り可能性を学ぶ
成形課題 手びねり、タタラ作りによる成形技術
ロクロ成形課題 道具作りから数挽きを中心としたロクロ成形技術
石膏課題 石膏を使った型作り、鋳込み成形技術
意匠課題 上絵、下絵付けによる加飾技術
釉薬調合 釉薬に関する基礎知識の講座と調合
焼成実習 電気・灯油・ガス・薪窯による焼成技術
特別講座 著名な講師陣による講座
その他 講評会、精土実習、校外研修、行事 等

陶芸学科 2年

造形課題 課題から各種技法や釉薬、焼成の技術を研究・制作
ポートフォリオ課題 ポートフォリオのデザイン、プレゼンテーション
卒業制作 共通課題に沿った制作と自主制作
特別講座 著名な講師陣による講座
その他 講評会、精土実習、校外研修、行事 等

ページトップへ